ニコンD-800で通常RAW撮影するときの画像サイズ設定は(使用説明書86ページ)Lになっていると考えられます。普通この設定で問題なくRAW現像はできます。これをこのままjepg変換してSiriuscompに乗せようとしても、なんじゃらこんじゃらメモリー不足のメッセージが出て前に進むことができません。 私がD-800を使って(この一台しか所有していません)Siriuscompで現像する方法をお伝えします。星空の撮影はLサイズ(7360×4912ピクセル)でして、RAW現像段階でコントラストとかノイズ等の調整を済ませておきます。jepg変換後に極力補正を加えないための処理です。
 これらの処理を終えて画像サイズをM(5520×3680ピクセル)にしてjepg変換を実行します。
 要するにほかのカメラでできていてニコンD-800に変えたらできないというのであれば、現像段階でほかのカメラの画像サイズに設定してみることです。
 ニコンD-800で撮影しSiriuscompの書きだしに悩んでおられるカメラマンは一度試してみてください。