http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=11266

[ムビコレNEWS]  本日、6月1日から公開された『LOGAN/ローガン』でヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンは幕を閉じる。
また同作に出演していたチャールズ・エグゼビア=プロフェッサーXを演じるパトリック・スチュワートも卒業する。
今後の『X-MEN』シリーズはどうなるのか。
まずはざっと歴史を振り返ってみる。

『X-MEN』シリーズは2000年にスタート。
米国で興収1億5700万ドルをあげ、年間8位の大ヒットを記録する。
以降、03年『X-MEN2』2億1500万ドル(年間6位)、06年『X−MEN:ファイナル・ディシジョン』2億3400万ドル(年間4位)と右肩上がりで興収を伸ばし、オリジナルシリーズが終了する。

09年からはウルヴァリンの主役映画と、X-MENの若き日を描くスピンオフ映画を公開する。
09年『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』は1億8000万ドルとまずまずの成績をあげるが、11年『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』1億4600万ドル、13年『ウルヴァリン:SAMURAI』1億3300万ドルと興収が下降線をたどる。

14年には、『X-MEN2』以来、11年ぶりにシリーズに復帰したブライアン・シンガーが、オリジナルメンバーと若き日のメンバーがそろって出演する『X-MEN:フューチャー&パスト』を監督。
2億3400万ドルを上げ『ファイナル・ディシジョン』に並ぶシリーズ最高記録を達成する。
だが、16年の『X-MEN:アポカリプス』は1億5500万ドルと急降下する。

そんな中、『アポカリプス』に先立つ3ヵ月前に公開された新作がシリーズ最高記録を更新する。『デッドプール』だ。
R指定ながら「原作に忠実にバイオレンス描写を過激にした」ことがファンの共感を呼び、3億6300万ドルをあげた。
米国では既に公開済みの『ローガン』は、『デッドプール』を意識した過激なバイオレンス描写がウリのR指定。
2億2600万ドルをあげ、『ウルヴァリン』シリーズとしては最高記録で有終の美を飾った。

今後のシリーズだが、20世紀フォックスでは18年に3本の公開予定作を発表している。
『ニュー・ミュータンツ(原題)』(米国公開4月13日)、『デッドプール2(原題)』(6月1日)、『ダーク・フェニックス(原題)』(11月2日)だ。

『ニュー・ミュータンツ』は、これまでシリーズに登場したことのない若きミュータントたちの活躍を描く内容で、若き日のプロフェッサーXを演じたジェームズ・マカボイが出演すると噂されている。
『ダーク・フェニックス』は、『X-MEN:アポカリプス』に出演した若き日のジーン・グレイを主役にした作品になりそう。

X-MENとスパイダーマンはマーベルの原作。
スパイダーマンを製作するソニー・ピクチャーズは、マーベルと交渉して新スパイダーマンをマーベル製作の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に登場させ、
『スパイダーマン:ホームカミング』にはアイアンマンが登場。
両者は世界観を一体にすることとなった。
だが、X-MENを製作する20世紀フォックスはマーベル製作映画と世界観を一体にはしていない。
フォックスがこのまま独自路線を貫くのか。来年の3本が試金石となりそうだ。


MOVIE Collection
2017年 6月 1日

コメント一覧
今度こそサイクロプス主役だろ?
ウルヴァリン人気でもってるようなシリーズなのに。

ソーの後継者を女の子にしたりウルヴァリンの後継者女の子にしたり、
悪い意味で日本のアニメみたいな流れが進んでるのかも。
FOX版はウルヴァリン人気に頼り切ってサイクロップスを早々に切り捨てたのが失敗だったね
おかげで原作の展開を追うことが出来なくなった
ガンビットどこいった?
いよいよケーブル登場
ガンビットのスピンオフはテイラー・キッチュ主演でまだ一応は動いてるみたいだけど
創価学会は犯罪集団
ドトールコーヒーは学会員だ
集団ストーカー
いつくしみ深き 友なるイエスは
罪とが憂いを とり去りたもう
  こころの嘆きを 包まず述べて
  などかは下ろさぬ 負える重荷を
いつくしみ深き 友なるイエスは
われらの弱きを 知りて憐れむ
  悩みかなしみに 沈めるときも
  祈りにこたえて 慰めたもう
二代目にするんでしょ

映画のアイアンマンだって二代目で話が固まってきてる
これって原作通りなの?
エイジ・オブ・アポカリプスとかオンスロートとかやらないの?